激歩513 : 渋いっす <カキ>

・激歩494 : 『カキ渋』作り <カキ> 渋いんですよね~、うちのカキ。 口に入れると、口中が渋さでコーティングされます。 そんな訳で、収穫はしていません。 なんでも、タネから育てたカキは、渋いとか。 鳥が食べているみたいだが、渋くないのかな? 柿の木は、落ち葉もすごい量ですね。 そろそろ切ってしまおうと、考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激歩512 : 夏越し成功♪<セントポーリア>

・激走940 : 手間いらず♪<セントポーリア> 暑さが苦手のセントポーリア。 夏越しは、あきらめていたのですが、なんとか無事♪ 花が咲く気配はないのですが、とりあえず良かった♪ 一回り大きな鉢に、植え替えてあげなければ。 11月16日撮影 ♪関連テーマは、 『 セントポーリア 』 です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激歩511 : 妄想ガーデン・その三十八<アイビー>

・激歩407 : 妄想ガーデン・その三十七<ウォーターポピー> 先日、友人の結婚式があった。 その披露宴で、新郎新婦の席を飾っていた花と このアイビーをもらってきた。 同席したフラワーアレンジメントをやっている友人によると、 丈夫だからすぐ根付くとか。 今も、水に差したままなので、早いとこ土に差してあげなければ。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

激歩510 : らんちゅう遊び♪16♪<エサ・その3>

・激歩474 : らんちゅう遊び♪15♪<エサ・その2> 与えるエサを冷凍アカムシから、人工飼料に変えた。 また与えられるときは、1時間から2時間に一度、 一日あたり5~6回の頻度で与えた。 その結果どんどん大きくなり、入れ物を二つから三つに増やした。 人工飼料を与えつつも、エサについて勉強をしていた。 金魚には…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

激歩509 : 室内だと、とっても邪魔。<コリウス>

・激歩389 : 妄想ガーデン・その三十六<コリウス> コリウスも冬越しのため、室内に取り込んだ。 のだが、いざ入れてみると、でかい!邪魔! 11月15日撮影 これがコリウスの花芽。 葉を生い茂らすためには、花芽はつみ取る。 しかしつみ取ると、その茎はそれ以上伸びない。 うまくツリー型にするためには、 花芽が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激歩508 : 冬越し準備 <ブルーデージー>

・激歩440 : 切りつめてみた<ブルーデージー> ↑夏に切りつめてみたものの、二番花は咲かなかった。 しかも、一鉢は枯れてしまった。 寒い日が続いたので、冬越しのため室内に取り込んだ。 見栄えが悪かったので、短く切りつめました。 めざせ来春! 11月16日撮影 ♪関連テーマは、 『 ブルーデージー 』 で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

激歩507 : ガラス瓶のベタ・6<ふ化>

・激歩502 : ガラス瓶のベタ・5<謎の産卵> ベタが産卵したものの、これから先どうしたらいいのか さっぱりわからなかった。 メスを水槽から取り出したが、それで良かったのか? オスはこのまま入れていていいのか? 一体いつふ化するのか? 翌日、慌てて図書館に調べに行った。 貸し出し不可の古い図鑑によると、「卵は一昼…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

激歩506 : おもしろ図書館本・18 『らんちうのすべて』

・激歩500 : おもしろ図書館本・17 『園芸・植物用語事典』 ・らんちゅう遊び♪ 観賞と作出の「?」がわかる 『 らんちうのすべて 』 著 者 : 川田 洋之助 発行所 : 株式会社エムピージェー A5判 110ページ 1,890円 私がいつも行く図書館で、マニアックな本を見つけた。 「一体、誰が借りる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

激歩505 : よろよろカマキリ <ヒメツルソバ>

・激歩390 : 今が旬?<ヒメツルソバ> ・激走739 : 誰だ!!<カマキリ> 最近、よろよろの息も絶え絶えのカマキリに良く出会う。 この日も、家の前でヨタヨタしていたので、 ヒメツルソバの上に置いてみた。 すると、「さぁ-来い!」と言わんばかりのポージング。 でも、よろよろの動きじゃぁ、獲物も逃げちゃうん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激歩504 : 菊の香りの季節 <キク>

・激走975 : 好きなタネ♪<キク> 去年、キクの花が好きになった♪ 多種多様で、しかも花が少なくなる時期に咲いてくれるので。 これは、庭のキク。 独特のキクの香りが、漂う季節になりました♪ 11月16日撮影 ついに12月ですね~。 なんだか今年は実感がありません。 まだ秋のような感じ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

激歩503 : 秋咲きの花 <ラベンダー>

・激走787 : 初夏まで!<ラベンダー> 庭のラベンダーが咲き始めた。 去年もこの時期に咲いていたんですよね。 夏の花というイメージだったのですが、違うのかな? ラベンダーといえば、北海道のラベンダー畑。 ということは、暑い夏よりも秋の方がいいのかな? それとも、秋咲きの品種なのかな? 11月7日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激歩502 : ガラス瓶のベタ・5<謎の産卵>

・激歩486 : ガラス瓶のベタ・4<メスとお見合い> メスを買ってきたものの、 繁殖させたいオスがうちにはいなかった。 そこで、いつもの金魚屋で気に入ったオスを購入。 メスは買ってから1ヶ月ほど経った頃、 お腹が卵でパンパン膨らんできた。 産卵の目安になる婚姻色の横線も、出てきた。 そこで、新しく買ってきたオスと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

激歩501 : ヘチマ水、ならず...<ヘチマ>

・激歩357 : 妄想ガーデン・その三十三 <ヘチマ> 『ヘチマ水』というものが、『薬用植物大事典』に紹介されていた。 それによると、『ヘチマ水は一晩で1リットルくらいとれる。』 とのことだった。 しかし、時期が遅かったためか、ほとんど採れなかった。 もう少し、早めにやってみればよかった。 11月5日撮影 ♪関連テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激歩500 : おもしろ図書館本・17 『園芸・植物用語事典』

・激歩496 : おもしろ図書館本・16 『薬用植物大事典』 ビジュアル 『園芸・植物用語事典』 著 者 : 土橋 豊 発行所 : 社団法人 家の光協会 B5判 205ページ 2,520円 ホームセンターの園芸コーナーや園芸書には、 わからない言葉が多い。 字は読めるけど意味がわからないもの、 字すら読め…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

激歩499 : うちのど根性!<タマスダレ>

・激走846 : 玉っぷり~ <タマスダレ> 各地で『ど根性』な野菜が注目されていますが、 うちのど根性といえば、このタマスダレ。 タイル目地のわずかなすき間に根を張り、 毎年花を咲かせます♪ 花は、門扉の柱のすき間から、 しっかりと外に出して咲かせています。 枯れずに、いつまでもガンバレ! 11…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

激歩498 : ブルーベリー小畑より・14 <害虫>

・激歩364 : ブルーベリー小畑より・13 <実> 『ブルーベリーは病害虫に強い』と言われている。 そんなわけで、ほとんどほったらかしでした。 ほったらかしていた枝が、夏の間に伸びて乱れてきたので、 支柱にしばろうと枝の間に手を入れたとき、激痛が走った! 正体は、こいつ! はっきりした名前はわかりませんが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激歩497 : こけ岩を作りたい!7!<モミジのタネ>

・激歩386 : こけ岩を作りたい!6!<タイリントキソウ> 試行錯誤のこけ岩作り。 なかなかうまくいかなかった頃、ぼんやり眺めていると 見慣れないものが、岩の土に突き刺さっていた。 正体は、モミジのタネ。 こけ岩は、モミジの木の下に置かれている。 たまたま刺さったのでしょうね♪ 『こけ岩作り、もう一度チャレン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

激歩496 : おもしろ図書館本・16 『薬用植物大事典』

・激歩492 : おもしろ図書館本・15 『校庭のクモ・ダニ・アブラムシ』 家庭で使える 『薬用植物大事典』 著 者 : 田中 孝治(著)・神藏 嘉高(写真) 発行所 : 社団法人 家の光協会 変形B5判 287ページ 3,360円 普段は見ているだけの植物に、 いろいろな力が秘められていることを教えてくれる…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

激歩495 : 横須賀くりはま花の国 <コスモス>

・激歩353 : ようやく、直りました~♪ <巾着田のコスモス> 久しぶりに地元に帰った。 というのも、ここのコスモスが目的。 ここには、出来たての頃に一度来ただけ。 海風が強いため、普通のコスモスだと倒れてしまうということで、 今年からキバナコスモス(↑)になったそうだけど、コスモスじゃないね。 ↓こちらは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

激歩494 : 『カキ渋』作り <カキ>

・激歩456 : 日よけみたいなガクの花 <カキ> 今年はたくさんなりすぎて、車庫の入り口をふさぐように 細い枝が垂れ下がってきてしまった。 さすがに邪魔になったので、枝を切って収穫。 この青いカキを何かに使えないかと思い、 薬用植物図鑑を見てみると、『カキ渋』が紹介されていた。 カキ渋は、毎日盃一杯で高血圧予防…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more