激歩507 : ガラス瓶のベタ・6<ふ化>

・激歩502 : ガラス瓶のベタ・5<謎の産卵>

ベタが産卵したものの、これから先どうしたらいいのか
さっぱりわからなかった。
メスを水槽から取り出したが、それで良かったのか?
オスはこのまま入れていていいのか?
一体いつふ化するのか?

翌日、慌てて図書館に調べに行った。
貸し出し不可の古い図鑑によると、「卵は一昼夜でふ化する」、
また、「ベタはオスが卵の世話をする。ふ化後もしばらく一緒にしておく。」
とのこと。

うちのベタを見てみると、オスが水面に浮かんでいる卵を
口に入れたり出したりしている。
この行動で、酸素でも送っているのだろうか?
そんな様子は見られたが、この日はふ化しなかった。
ベタの水槽

産卵から二日目の朝、卵を見に行くと、ふ化が始まっていた!
ふ化した仔魚(しぎょ)の下で、初子育てのオスが慌てふためいていた。
オスは卵と同じように、ふ化した仔魚を口に含み、巣に移動させていた。
水面に浮かぶベタの泡巣はオスが口から泡を出して作る

オスが移動するときに、ヒレが水面の仔魚に当たり、仔魚が沈んでいく。
その沈んだ仔魚を、オスが口に含み水面の泡巣にくっつける。
沈んだままだと、窒息死してしまうことがあるらしい。
オスは、その作業を繰り返していた。
言葉が通じれば「落ち着け!」と言いたかった。
そして、早朝に始まったふ化は、夕方までに全て終わった。
泡巣にくっついてぶら下がるベタの仔魚たち
9月16日撮影


関連テーマは、 『 ベタ 』 です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2005年12月03日 23:54
へぇ~
神秘的なときですね~
すごいっ
2005年12月04日 22:10
『グッピー』以外の熱帯魚の繁殖は、初めての体験だったので、
とてもワクワクしました♪
この時期は、ベタの専門書が手に入らなかったし、
PCも壊れていたりで、大変でした。
2005年12月05日 08:13
まだ私は繁殖を経験した事がないんです・・・
羨ましいー
調べ物が出来るPCが壊れてしまうのはかなりキツイですね(涙)
2005年12月05日 22:32
私も、熱帯魚の繁殖はあきらめていました。
でも、知らず知らずのうちに産卵しているみたいです。
ブログでは紹介していませんが、
小さな熱帯魚の水槽があります。
そこのネオンテトラも産卵していました。
しかし卵は、他種の魚に食べられているようです。
繁殖するためには、一種類ずつ飼った方がいいかもしれません。
PCがなくて、きつかったで~す(泣)
2005年12月07日 12:15
そっちの水槽も拝見したいですね~
アップ待ってます(^-^*
2005年12月08日 23:45
わかりました~。
連載ものにはしないかもしれませんが、
ちょびっとだけUPしてみま~す。

この記事へのトラックバック