激歩544 : ガラス瓶のベタ・10<オスと分ける時期>

・激歩538 : ガラス瓶のベタ・9<稚魚の巣立ち?>

ふ化後5日目。
稚魚が、ずいぶん泳ぎ始めた。
粉エサをあげると、つついている姿が見られる。
粉エサによって、水面には油膜ができる。
油膜に覆われてしまうと、稚魚が空気を吸えないのではないかと
心配になる。
オスをこのまま同じ水槽で飼っていれば、
オスが油膜を破ってくれるかもしれない。
ベタ・熱帯魚・betta・ガラス瓶のベタ・ベタ・スプレンデンス

図鑑を見ると、オスと稚魚を分ける目安の時期が、本によって異なる。
「稚魚が泳ぎ始めたら」と記述されているものや、
「ふ化してから三週間後」というものもある。

オスは相変わらず稚魚を口に含むが、すぐに出す。
食べられてしまう心配はなさそうだ。
このままでも良さそうなので、しばらく一緒に飼うことにした。
ベタ・熱帯魚・betta・ガラス瓶のベタ・ベタ・スプレンデンス
9月20日撮影


関連テーマは、 『 ベタ 』 です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック