激歩537 : おもしろ図書館本・21 『魚の雑学事典』

・激歩535 : おもしろ図書館本・20 『誰でもできる水中ガーデニング』

おもしろくてためになる
『魚の雑学事典』

著 者 : 富田京一、荒俣幸男、さとう俊 共著
発行所 : 株式会社日本実業出版社
A5判 253ページ
1,470円

らんちゅうという金魚を飼い始めて、魚のことを詳しく知りたくなった。
例えば、ウロコって何でできているのだろうか?とか。
そんなちょっとした疑問に答えてくれる一冊。
この本を読むと、今までいかに魚のことを
知らなかったかということがわかる。

魚を飼っていると、魚の行動で不思議に思うことがある。
例えば、水底にいる魚が、なぜ水面のエサに気が付くのか?とか。
本を読む前は、水面にエサが落ちたときの音に反応するのでは?
と仮説をたてていた。
でも実際のところは、どうやらエサの匂いに反応しているようだ。
なんと、魚の嗅覚は、イヌより良いとのこと。

あとは、魚の視力。
これも常々疑問に思っていた。
魚って、こっちのことが見えてるの?と。
それも、この本で解決!

また、内容は初心者向けにわかりやすく書かれている。
著者の余力を感じられ、続編を期待します。

魚を飼っている人はもちろんのこと、
釣りをやっている方にも、”目からウロコ”の一冊です♪

※他にも、『鳥の雑学事典』、『植物の雑学事典』などが、
このシリーズにあります。こちらもおもしろそう!
魚の雑学事典


関連テーマは、 『 おもしろ図書館本 』 です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック