激歩354 : ガラス瓶のベタ・1 <100匹の稚魚>


今年のゴールデン・ウィーク頃から飼い始めた、
『ベタ』という熱帯魚。
この魚は、特殊な呼吸器官を持っているので、
コップでも飼うことができる。
ただし、寿命はあまり長くない。
2~3年だそうだ。
そんなわけでか、ゴールデン・ウィークに買った3匹のうち、2匹は死んだ。

これは、一ヶ月ほど前から飼っているオス。
今のところ、一番のお気に入り♪
ガラス瓶のベタ・熱帯魚・betta・ベタ・スプレンデンス

寿命が短いためか、この魚は大きな繁殖力を持っている。
メスは、一度に100~500個の卵を産むそうだ。
うちのメスは、一度目の産卵で100個ほど産んだ。

その産卵から、ようやく一ヶ月が経ちました。
生き残っている稚魚は、25匹ほど。
なんとか、育って欲しい!
(写真は、ふ化後三日目の稚魚)
ガラス瓶のベタ・熱帯魚・betta・ベタ・スプレンデンス


関連テーマは、 『 ベタ 』 です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

2005年10月23日 15:05
はじめまして
ベタって簡単に繁殖させることできるんですか?
オスとメスを同時に飼われてたんですか?
よかったら教えてくださいっ!
2005年10月23日 19:19
pipi_mottiさん、はじめまして!
ベタの繁殖、とても簡単でした。というより、勝手に産卵してました。
簡単ですが、とりあえず産卵までの方法を書きますね。

1.メスを買う(なかなか売っていないので、一番難しいかも。
300円~400円ぐらいかな?)
2.メスを飼う(買った状態にもよりますが、エラの後ろに婚姻色という
しま模様が出たら、産卵OK!私が買ったメスは1ヶ月ほどかかりました)
3.オスを飼う(ベタなどのアナバスの仲間は、オスが水面に泡で巣を
作ります。その巣で、卵や仔魚<しぎょ>を育てます。
ちなみに、若いオスのほうが繁殖に向いているそうです。)
泡巣を作りやすいように、アナカリスなどの水草を一本入れると良い。)
4.お見合い(相性を見るため、同じ入れ物に入れてみます。
相性が悪かったときに取り出せるように、口の広い物がいいでしょう。)
5.産卵(産卵後、卵を育てるのはオス。メスは取り出しましょう!)
とりあえず以上です。

『ガラス瓶のベタ』は、シリーズ化しようと思っています。
そのときは、またのぞいてくださいね!
2005年10月24日 10:26
ご丁寧にありがとうございます!
相性がよければ結構繁殖も容易なんですね~

また記事拝見させていただきますね♪
2005年10月25日 01:02
稚魚を、あれこれ考えながら育てるのも、おもしろいですよ♪
今回の繁殖で、ベタのメスに、『命のドラマ』を見させてもらいました。
シリーズ第二弾をUPしました~。
よろしかったら、ご覧ください♪

この記事へのトラックバック